音源の配信ならTuneCore Japanを利用しよう。

LINEで送る
Pocket

音源はCDにするより配信しよう

CDが売れなくなった、、と言われてから既に10年以上が経ちました。

海外では既にダウンロードどころか月に約1000円払えば定額で音楽を視聴できるストリーミングが主流になっています。
2018年現在、有名アーティストもストリーミング配信に対応し始めてきているので
日本でもどんどんストリーミングへ移行されていく波が加速するでしょう。

インディーズで活動するアーティストもストリーミング対応していきましょう!
でも、配信できるのは有名なアーティストだけなんじゃないの?

いえ、全くそんなことはありません!
今回はオリジナルの楽曲を持っている方なら誰でも簡単に配信開始できる便利なサービスを紹介いたします。

TuneCore Japan

TuneCore Japanを利用すればオリジナル曲を持っている方なら、
誰でも簡単に配信を開始することができます。

TuneCore Japan

TuneCore Japanの配信先

配信先はiTunes Storeのダウンロードだけではなく、
Apple MusicやSpotify、AWA、LINE MUSIC etc…
主要の定額制のストリーミング配信にも同時に配信手続きをしてくれます。

TuneCore Japanで配信するためにかかる金額

気になるお値段ですが、

シングル

¥1,410(税抜)/年〜

アルバム

¥4,750(税抜)/年〜

リングトーン

¥1,410(税抜)/年〜

で配信できます。
基本的には1年ごとの更新になります。
複数年契約することによって一年あたりの金額が安くなっています。

私も何度か配信する手続きをしたことがありますが、とても画面に出てくる指示通りに進んでいけば配信の申請が完了します。
詳しい操作方法はこちらにも記載があります。
https://www.tunecore.co.jp/faq

まとめ

CDをプレスに出すより随分安いですし、
リスナーの聴く環境に合っていて良いですよね!

CDでも作りたい方は在庫を持たないでAmazonでCDを販売できる仕組みもあります!
詳細はこちら

CDを作らないと、、、という固定概念に捉われずに、配信という選択も視野に入れてみてくださいね!

TuneCore Japan

The following two tabs change content below.
福田 理沙

福田 理沙

バンサポ編集長
10代からベーシストとして国内のみならず海外でも活動。 自身の音楽活動の経験から不便だったことなどを改善するためにバンサポを作る。得意分野はWEBに関すること。目標は良いアーティストをもっと世の中に広め、活動し続けられる世の中を作ること。

You might be interested in